東京喰種トーキョーグール

 

東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 石田スイ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/10/17
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

今週のお題「最近おもしろかった本」

ということで、最近読んだ本って何かあったかな〜

と考えたら、ありました・・・漫画ですが。

僕は深夜のアニメで初めて存在を知りましたが、

子供たちの間では有名なコミックです。

 

超大まかな説明だと、

人間世界に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延る東京。上井大学に通う青年カネキは喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、鉄骨の落下により捕食は免れる。しかしその後、喰種の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。」

東京喰種トーキョーグール - Wikipedia

 

グールと言う食人に、偶然なのか?それとも計画的なのか?

真面目な一般人がなっちゃう話です。

ちょっとザックリすぎますが。

こいう話だと欧米人的には、ゾンビ映画になっちゃいますよね。

例えば、

 

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春[レンタル落ち] [DVD]

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春[レンタル落ち] [DVD]

  • 発売日: 2012/07/04
  • メディア: DVD
  • この商品を含むブログを見る
 

 とか、

 

コリン LOVE OF THE DEAD スペシャル・エディション [DVD]

コリン LOVE OF THE DEAD スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2011/08/02
  • メディア: DVD
  • 購入: 1人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

という感じでしょうか?

ちょっと脱線しました。

でも「 東京喰種」というコミックは、

久振りにシッカリと読みましたね。

「空腹感による地獄」への描写

人間の肉以外食べられないようになった、

主人公のカネキ君。

その時の何を食べても不味いとのたうち回る!

グールとして覚醒し始めると、

友人でさえ食料の対象に・・・

その苦しみが凄いです。

今までのマンガで、ここまで空腹、飢餓の苦しみを

書いた漫画ってないと思います。

人肉を食したことによる満足感と同時に、

人間を食べてしまった罪悪感。

この両方を同時に感じてしまう辛さ。

ほんとに、誰も救われないの?と思ってしまいます。

まあ、これでもか!と主人公カネキの苦難が続きます

なんとか仲間ができてグールとしての生活も鳴れた頃から

物語は確信に入っていきます。

「CCGの捜査官(警察のようなモノ)との戦い」

「同じグール同士での派遣争い」

などなど次々に巻き込まれます。

強くなる為に「ボコられるカネキ君」

最強のグールに「おもちゃにされ拷問」されちゃうカネキ君

と次々と追いつめられます。

そりゃもう肉体的にも精神的にも激しく。

 

ほんとなんか読んでて確かに戦闘シーンなど、

面白く感じる要素はありますが、

でも、ストーリー全体に漂う悲壮感がハンパないです。

なんかね・・・もう、誰かミラクルで助けてあげてよ!

と叫びたくなるんです。

頑張っても頑張っても、次々襲ってくる運命。

それを、放り投げずに、立ち向かう主人公のカネキ君。

 

主題歌まで、「悲しさ全開で不条理全開」です!

 


ノンテロップスペシャル版 TVアニメ「東京喰種トーキョーグール」オープニング映像 TK from ...

 

アニメ版の主題歌は、

TK from 凛として時雨さんが歌うOPのこの曲

unravel」

このOPが更に切なさを、悲しさを

煽りまくってます!

「くっ、歌までも・・・もう許してあげてよね」と

思っちゃいました!

でも、

そんなカネキ君に、何故か共鳴してしまうんですよね。

おじさんは。