04

最期まで100%スティーブ・ジョブズ


ショックだった。自分が自分で思う以上にショックを受けていることに。

2011/10/05
1つの人生が幕を下ろした。

イノベーションを起こし続けた56歳。

56年というのは、短いのだろうか?

そもそも、人生は長さではかるものなのかと、彼の生き様を目の当たりにしてふと自問する。

結論は、長けりゃいいってものじゃない。

残された家族は、できるだけ一緒にいたかった、と思うだろうけれど。

僕とアップル


アップル製品に初めて触れたのは、二代目 iPod nano だった。(黒くてかっこいい8GBだ)
近所の家電量販店で購入したら30,000円もした。高すぎだろ!

でも、使いはじめると値段のことなんてすぐに忘れて、お気に入りの曲をいつでも、どこでも聴いては心躍らせた。

その次は、iPhone 3GSだった。

初代iPhoneが発表されたとき、のどから手がでて、心臓がとびでるほど興奮したけれど、いろんな諸事情で手に入れることができなかった。
そんな僕にも「時はきた、それだけだ」の瞬間がおとずれて、3GSを手にしたときはうれしかったな。

うん、ただただうれしかった。

いま手の中に3GSを握っていることがうれしくて。外箱もいまでも大切に保管してあるくらいだし。

この「手に入れた瞬間に満たされる」感覚は、27年間でいまのところiPhone 3GSだけだ。

それとほぼ同時期に、MacBookProを購入した。

「アルミニウム削りだしのボディ」にガツンとやられたことを今でも鮮明に覚えている。

「何ができるか」をすっとばして「ほしい!」と本能を直撃したプロダクト。

道具に成り下がるなよ


最近では、スマートフォンもどんどん普及してきて、
やれ低価格だ、
やれ駆動時間がながいだ、
やれスピードが速いだ、
もうね、いいじゃんそんなの。

おつかれさまでした


彼の逸話を目にするたび「神のような悪魔みたいな人だな」と感じていたが、彼も正真正銘「人」だったのだ。少し安心した。


自分はといえば、1984年にデビューしたMacintoshと同じ年だ。
スティーブ・ジョブズの人生でいえば折り返し地点だ。

今日が人生最後の日だとしたら?
考えたくもない。子供もまだ2歳だぞ。成人式も結婚式も、孫の顔も見てないのに、そんなこと考えられるはずがない。

だけど、その「意志」は心の深いところにしっかり刻みつけておこうとおもう。

ありがとう。

さようなら。

iPod, iPhone, MacBook,,,, more,, more,,

アップルストアに献花にいきたかったけど、ここは高知。ここも日本。
エントリーにて追悼の意を伝えさせてもらいました。

これからもあなたの魂がアップルとともにありますように。
52

~彼の作ったMacBookProより~