f:id:popcornroom:20161206184409p:plain

 

NBAアプリを開き、4Q途中のウォリアーズのBOXスコアを見てビックリ。

クレイが60得点?は?

しかも出場時間は29分?

あ、これコービーの81点を越えちゃうやつですか。いや、でもウォリアーズが30点近くリードしてるわ。

こりゃあ、4Q目は出番ナシだな。

 いやしかし、60点ってとんでもねえ…。

 

 

コービー以来の快挙

3Qでの60得点達成は、2005-06シーズンのコービー以来の快挙です。

過去20年間の3Qまでの得点としては、このときのコービーに次ぐ2位にランクイン。

f:id:popcornroom:20161206180359p:plain

 

シュートクロックが採用された1954-55シーズン以降では、史上最少の出場時間での60得点越え。うん、29分で60点って、絶対おかしいよね。

f:id:popcornroom:20161206180845p:plain

 

こちらが、この試合でのクレイのシュートチャート。

f:id:popcornroom:20161206181452p:plain

えー、上記のシュートチャートにより、クレイがこの試合でたくさんのシュートを高確率で決めていたことが分かります(棒)。

ペイサーズがもうちょっと頑張ってくれたとして、仮にクレイが4Qまで出場していればどうなっていたでしょうかねえ。70点くらいは普通にいってただろうな。

この試合の、3QまでのBOXスコアがこちら。

f:id:popcornroom:20161206182213p:plain

トータルの点数もハイスコアなだけあって、もう試合が終了してもいいような感じのBOXスコアです。

「60」って数字は三千と輝いていますね。めったに見れるもんじゃない。ありがたや。

クレイのシュートが好調だったことで、カリーのアシスト数も伸びています。

今日は13得点11アシストで、シーズン2度目のダブルダブル。

 

では、肝心のクレイの個人ハイライトを載せておきます。

 

 

もちろん、クレイの爆発具合が一番の見どころな動画だとは思いますけど、クレイの好調に伴うウォリアーズベンチ陣のエキサイトっぷりも面白いです。

ステファン・カリーが、ただのトンプソンファンと化してるw

一回会場から出て行っちゃってるし。笑

 

試合終了後にインタビューに答えるクレイには、アイスシャワーをお見舞い。

 

 

しかし、流石はシックスティー・トンプソン。

その後の「熱が冷めましたか?」との問いに、

"Im still hot."

と答えています。

 

シーズン序盤はイマイチ波に乗れず、トレードの噂まで流れる始末でしたが、最近はノリにのっています。

カリーとデュラントに加え、トンプソンもこれだけ活躍をしていれば、

ウォリアーズの無双状態はこれからも続いてくことになりそうです。